[WordPress Core] WordPress が自動挿入する Google Fonts API の head tag を remove してパフォーマンスを向上させる

対策済みと思っていた Google Fonts API に盲点がありました。

症状

head tag を確認していると Google Fonts API との通信が発生していました。

<link rel='stylesheet' id='open-sans-css'  href='https://fonts.googleapis.com/css?family=Open+Sans%3A300italic%2C400italic%2C600italic%2C300%2C400%2C600&#038;subset=latin%2Clatin-ext' type='text/css' media='all' />

どうやらバンドルテーマを有効化していなくとも、インストールしているだけでタグが挿入されてしまうようです。

bundled themes (Twenty Twelve, Twenty Thirteen, Twenty Fourteen, Twenty Fifteen, Twenty Sixteen, Twenty Seventeen)

対応

以前に触れた Disable Google Fonts プラグインでかんたんに解決できそうです。

今回は functions.phpOpen Sans のみ無効化する方法をとりました。

functions.php
// Remove google api font via WordPress default theme
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'remove_wp_open_sans' );
function remove_wp_open_sans() {
    wp_deregister_style( 'open-sans' );
    wp_register_style( 'open-sans', false );
}

外部通信対策は、パフォーマンスへの影響が大きいですね。