[macOS General] スリープ機能を解除して、処理を継続動作させる

離席中や就寝中にファイルのコピーを済ませておくと行った場合にスリープを解除しておきます。

スリープの解除と再設定

  1. アップルメニュー>「システム環境設定」と選択してから、「省エネルギー」をクリックします。
  2. コンピュータのスリープ状態を制御するスライダを「しない」にドラッグします。

スリープ解除

cp で大量のファイルをコピーしていても、スリープで作業が中断しなくなりました。

2014-04-28_sleep_01

再設定

処理が終了したら、スリープ設定を元に戻しておきます。

2014-04-28_sleep_02

ディスプレイのスリープ、パスワードロックには干渉しない

離席時にパスワードロックを行うよう「セキュリティとプライバシー」で設定していても、裏で処理が継続しています。
パスワードロックはディスプレイのスリープとひもづいているので、処理が止まらないようです。

2014-04-28_sleep_03

「デスクトップとスクリーンセーバ」の設定に、スリープ設定を加えておくと便利です。

2014-04-28_sleep_04

caffeinate

terminal.app で以下のコマンドを使うと、スリープしなくなる。

% caffeinate -di

ctrl+c で終了する。