[macOS General] Xbench や システム情報.app で、Mac の性能を把握する (after 編)

もうすこし頑張ってもらいたい My MacBookPro.
以下のエントリの第3弾です。

機種・モデル名

載せ替えたパーツの確認をしていきます。

2014-01-30_mbp_after_09
この時点で、キビキビ動いていることが実感できます。

メモリ

1067MHz DDR3 4GB メモリが2枚のっています。

2014-01-30_mbp_after_08

Activity Monitor.app で通常時のメモリ利用状況を確認します。

2014-01-30_mbp_after_07

空きが増え、スワップ使用領域もゼロになっています。

ドライブ

  • SEAGATE HDD 1TB 5400rpm
  • SATA 3 Gbps 接続
  • 空き容量は 80% 程度

2014-01-30_mbp_after_06

2014-01-30_mbp_after_05

SEAGATE ではハイブリッドSSD(SSHD)と呼ばれる製品です。

シーゲイトAdaptive Memory™ 技術は、コンピュータ内で最も使用頻度の高いデータを効果的に特定します。このデータは超高速NAND型フラッシュ・メモリに保存され、圧倒的な高速起動時間と応答性を実現するため、待ち時間が少なくなり効率が上がります。この技術は、情報の利用方法やアクセス方法に対して継続的に機能し、これに適応します。

ということのようなので、起動時間やBenchの結果も、キャッシュされてから速くなるよう。
しばらく使ってからの結果を計る必要がありそうですね(※)。

バッテリー

稼働時間が少し短くなりました。

2014-01-30_mbp_after_04

2014-01-30_mbp_after_03

誤差の範囲内なのかどうか使って試します。

Benchmark

初回の結果は、あまり変化はないようです。

2014-01-30_mbp_after_02

また計測してみます。
※ ドライブの項参照。

起動時間

起動時間は余り変わっていないよう。
アプリを動かせるまでの時間は半減しましたが、メモリ増設の効果もあるのかも。

  • デスクトップが表示されるまで 約1分30秒
  • 起動設定したアプリが動かせるまで 約2分20秒

ログインアカウント選択とパスワード入力を手動で行っています。

2014-01-30_mbp_after_01

また計測してみます。
※ ドライブの項参照。

ちなみに SSD の起動時間は、十数秒という単位らしいです。

Macbook Pro Mid 2009は3ギガビットまで対応
SSD(crucial M4) の Disk Test Score は 338.29!

おわり。

補遺

OS X Mavericks にすると速くなるそう。
もうそろそろアップグレードを検討してもよいかもしれない。