[Ruby] Homebrew + rbenv 環境の Ruby を 2.1.0 に変更する

ruby 2.0.0 から、2.1.0 にバージョンを上げてみました。

こちらは、以前に入れた時の手順です。

インストール

brew アップデート

% brew doctor
% brew update
% brew upgrade

ruby インストール

% rbenv install -l
Available versions:
    :
  2.1.0
% rbenv versions
  system
  1.9.3-p448
* 2.0.0-p247 (set by /Users/****/.rbenv/version)

こちらを参考にさせて頂きました。

% RUBY_CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=$(brew --prefix readline) --with-openssl-dir=$(brew --prefix openssl)" rbenv install 2.1.0

バージョン切り替え

% rbenv versions
  system
  1.9.3-p448
* 2.0.0-p247 (set by /Users/****/.rbenv/version)
  2.1.0
% rbenv global 2.1.0
% rbenv versions
  system
  1.9.3-p448
  2.0.0-p247
* 2.1.0 (set by /Users/****/.rbenv/version)
% ruby -v
ruby 2.1.0p0 (2013-12-25 revision 44422) [x86_64-darwin12.0]
% rbenv rehash

グローバルにインストールしている gem の確認

% rbenv versions
  system
  1.9.3-p448
  2.0.0-p247
* 2.1.0 (set by /Users/****/.rbenv/version)
% rbenv exec gem list
*** LOCAL GEMS ***
activesupport (3.2.16)
    :
treetop (1.4.15)
% rbenv shell 2.0.0-p247
% rbenv versions
  system
  1.9.3-p448
* 2.0.0-p247 (set by RBENV_VERSION environment variable)
  2.1.0
% rbenv exec gem list
*** LOCAL GEMS ***
activesupport (4.0.0, 3.2.14)
    :
xpath (2.0.0)
% rbenv shell --unset
% rbenv versions
  system
  1.9.3-p448
  2.0.0-p247
* 2.1.0 (set by /Users/****/.rbenv/version)

rbenv-default-gems のメンテナンスをちゃんとやらないと。

グローバルにインストールしているgemは、rbenv installするたびに、gem install し直さねば行けないよう。
rbenv-default-gems で設定しておけば、自動化できるようです。

以前のバージョンで利用していた gem を一括インストール

なにかうまい方法がありそうと思って調べたらありました。

% rbenv versions
  system
  1.9.3-p448
  2.0.0-p247
* 2.1.0 (set by /Users/****/.rbenv/version)
% rbenv global 2.0.0-p247
% rbenv exec gem list --no-versions > /tmp/gemlist
% more /tmp/gemlist

内容を確認してみて、rbenv 環境の gem list が欲しいことに気がつきました。
上記のとおり、rbenv exec gem list と変更しました。

% rbenv global 2.1.0
% gem install `cat /tmp/gemlist`
% rm /tmp/gemlist