[npm & Bower] npm: node.js のパッケージマネージャについて調べる

インストール方法

Local install

カレントディレクトリーのnode_modulesにインストールされる。

% npm install パッケージ名

package.json に従う。

% npm install

インストール場所を確認できる。

% npm bin
/Users/****/projects/yoSample/node_modules/.bin

Global install

プロジェクト共通で利用したいパッケージをグローバル環境にインストールする。オプションは -g

% npm install -g coffee-script
% npm bin -g
/Users/****/.nodebrew/node/v0.10.21/bin
(not in PATH env variable)

2行目が不明。
### .gitignore
以下は必要ないようなので、バージョン管理から外します。

node_modules

## package.json の作成
### package.json
package.json の雛形を作成する。

% npm init

### npm install \--save
> * [npm-install](https://npmjs.org/doc/install.html)

% npm install --save foo

> `--save-dev`はinstallしたlibraryの情報を自動でpackage.jsonに書いてくれるoptionです。
>
> * [npmでnode.jsのpackageを管理する - Qiita [キータ]](http://qiita.com/sinmetal/items/395edf1d195382cfd8bc)
よく使われるようです。
### ユースケース
* `npm install --save-dev foo` でパッケージを取得、package.json に依存関係を記述する。
* 依存関係が記述された package.json をプロジェクトで管理・再利用する(npm install のみで)。
これから導入する grunt.js で使うことになりそうです。
## CoffeeScript をインストールしてみる
### install

% sudo npm install -g coffee-script
Password:
npm http GET https://registry.npmjs.org/coffee-script
npm http 304 https://registry.npmjs.org/coffee-script
npm http GET https://registry.npmjs.org/coffee-script/-/coffee-script-1.6.3.tgz
npm http 200 https://registry.npmjs.org/coffee-script/-/coffee-script-1.6.3.tgz
/Users/****/.nodebrew/node/v0.10.21/bin/coffee -> /Users/****/.nodebrew/node/v0.10.21/lib/node_modules/coffee-script/bin/coffee
/Users/****/.nodebrew/node/v0.10.21/bin/cake -> /Users/****/.nodebrew/node/v0.10.21/lib/node_modules/coffee-script/bin/cake
coffee-script@1.6.3 /Users/****/.nodebrew/node/v0.10.21/lib/node_modules/coffee-script
% coffee -v
CoffeeScript version 1.6.3

### hello.coffee

console.log "Hello World"

% coffee hello.coffee
Hello World