[Ruby on Rails 4] rails server

に関するオプションなどのメモ。

railsコマンド(rails) – Railsドキュメント

  • ローカルでサーバを起動(rails server)

rails server の動作環境を指定する

通常は、開発環境(development)でアプリを起動する。

$ rails server -e production

rails server ポートを指定する

初期設定の3000番ポートを変更したい場合は、-p オプションを指定する。

$ rails server -p 10088

rails server と動作環境

ディフォルトでは、3つの動作環境がある。
* development
* test
* production

database.yml

環境毎に別のデータベースが使われる。

config/environments

環境毎の動作設定が配下のファイルで行える。

./config
├── application.rb
├── boot.rb
├── database.yml
├── environment.rb
├── environments
│   ├── development.rb
│   ├── production.rb
│   └── test.rb
├── initializers
│   ├── backtrace_silencers.rb
│   ├── inflections.rb
│   ├── mime_types.rb
│   ├── secret_token.rb
│   ├── session_store.rb
│   └── wrap_parameters.rb
├── locales
│   ├── en.yml
│   └── ja.yml
└── routes.rb

確認方法

  • 環境変数 RAILS_ENV
  • Rails.env メソッド
    rails console で確認する。
% bundle exec rails c
Loading development environment (Rails 3.2.13)
irb(main):001:0> RUBY_VERSION
=> "2.0.0"
irb(main):009:0> Rails.version
=> "3.2.13"
irb(main):006:0> Rails.env
=> "development"