[Ruby] Homebrew + rbenv で Ruby をインストールする

Homebrew と Command Line Tools for Xcode のインストールができているものとします。

rbenv インストール

初めてインストールする場合は、以下を実行していきます。

% brew update
% brew install openssl
% brew install readline
% brew install rbenv
% brew install ruby-build

.zshrc などに下記を追記します。
※ 下記、gcc 絡みで export CC=/usr/bin/gcc を、後で追記してみることにしました。

.zshrc
export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"
export CC=/usr/bin/gcc

再読み込みさせます。

% source ~/.zshrc

上記をインストール済であれば、下記などを実行します。

% brew update
% brew upgrade

ruby インストール

インストール可能なRubyのバージョンを確認します。

% rbenv install -l
Available versions:
:
  1.9.3-p448
:
  2.0.0-p247
:

1.9.3 をインストールします。

% rbenv install 1.9.3-p448
Downloading yaml-0.1.4.tar.gz...
-> http://dqw8nmjcqpjn7.cloudfront.net/36c852831d02cf90508c29852361d01b
Installing yaml-0.1.4...
Installed yaml-0.1.4 to /Users/***/.rbenv/versions/1.9.3-p448
Downloading ruby-1.9.3-p448.tar.gz...
-> http://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.9/ruby-1.9.3-p448.tar.gz
Installing ruby-1.9.3-p448...
Installed ruby-1.9.3-p448 to /Users/***/.rbenv/versions/1.9.3-p448

使用するrubyを指定して反映させます。

% rbenv versions
* system (set by /Users/***/.rbenv/version)
  1.9.3-p448
% rbenv global 1.9.3-p448
% rbenv rehash
% ruby -v
ruby 1.9.3p448 (2013-06-27 revision 41675) [x86_64-darwin12.4.0]

2.0.0 をインストール。
※ ここでgcc絡みのエラーが出ました。詳しくはこちら

% rbenv install 2.0.0-p247
Downloading ruby-2.0.0-p247.tar.gz...
-> http://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/2.0/ruby-2.0.0-p247.tar.gz
Installing ruby-2.0.0-p247...
Installed ruby-2.0.0-p247 to /Users/***/.rbenv/versions/2.0.0-p247
% rbenv versions
  system
* 1.9.3-p448 (set by /Users/***/.rbenv/version)
  2.0.0-p247
% rbenv global 2.0.0-p247
% rbenv rehash
% ruby -v
ruby 2.0.0p247 (2013-06-27 revision 41674) [x86_64-darwin12.4.0]

<s>私の環境では、RUBY_CONFIGURE_OPTS のおまじないはなくても大丈夫でした。</s>
irb で日本語を使うならば、下記でインストール。

% CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=`brew --prefix readline` --enable-bundled-libyaml" rbenv install 2.0.0-p247

> * [RUBY_CONFIGURE_OPTS, readline, openssl | deadwood](https://www.d-wood.com/blog/2013/08/06_4453.html)
## rbenv を使わない場合
特にバージョンの切り替えが必要なければ、下記でインストールすればOK。

% brew install
% brew info ruby
ruby: stable 2.0.0-p195, HEAD
http://www.ruby-lang.org/en/
/usr/local/Cellar/ruby/2.0.0-p195 (879 files, 19M) *
Built from source
From: https://github.com/mxcl/homebrew/commits/master/Library/Formula/ruby.rb
==> Dependencies
Build: pkg-config
Required: readline, gdbm, libyaml, openssl
==> Options
--universal
Build a universal binary
--with-doc
Install documentation
--with-suffix
Suffix commands with "20"
--with-tcltk
Install with Tcl/Tk support
==> Caveats
NOTE: By default, gem installed binaries will be placed into:
/usr/local/opt/ruby/bin
You may want to add this to your PATH.

rbenv の Ruby から、システム標準の Ruby に戻す場合は、以下を実行します。

% rbenv global system
% rbenv rehash
% rbenv versions
* system (set by /Users/***/.rbenv/version)