[Java] モダンな Java 開発に関して調べた

キーワードを memo.

数字で見る 2020年における Java の現状

JetBrains 社のブログ記事。

2020年開発者エコシステムの現状」他の JetBrains 社の調査がベースになっている。

  • Java 8(75%) … 相変わらず最も利用されているバージョンです。
  • Apache Tomcat(62%) … 過去 3 年において、人気アプリケーションサーバーのトップを維持してきました。
  • Spring Boot(61%) … 2018 年には Spring MVC と肩を並べていたが、2020 年 には優勢となっています。
  • IntelliJ IDEA(72%) … 2018 年の 55% から 2020 年の 72% にそのシェアを伸ばしましたが、ほか 4 製品の利用状況は減少しています。

IntelliJ IDEA に関しては、JetBrains 社による調査のバイアスがあるかと思ったが、他の調査を確認しても同じ傾向であった。

Javaを愛する25の理由

JetBrains 社のブログ記事。

  • ライブラリとフレームワーク: Spring / Spring Boot
  • ビルドツールと依存関係の管理: Maven / Gradle
  • JUnit と自動化テスト: JUnit / TestNG
  • Javadoc とドキュメント: Javadoc

Top Java Development Tools and Software

JetBrains 社の調査の裏付けを取るために調べた Perforce Software, Inc. の調査。

  • Top Java IDEs: IntelliJ IDEA(82%)
  • Top Java Build Tools: Gradle(47%) / Maven(44%)
  • Top Java Virtualization Tools: Docker(74%)

なお JRebel は、Java アプリ開発支援ツールらしい。

JRebel は、Java アプリケーション開発時のアプリケーション サーバーの再起動を不要にする Java アプリ開発支援ツールです。

Java アプリ開発支援ツール JRebel 101 | エクセルソフト ブログ

モダンなJava開発ガイド (2018年版)

ストックが 1k を越えている Qiita 記事。

  • IDE : IntelliJ IDEA
  • プロジェクト管理: Gradle
  • Code Formatter: Google Java Style Guide
  • Linter/Static Code Checker: Error Prone / SpotBugs + fb-contrib
  • テストツール: JUnit5
  • モックツール: Mockito v2

要調査。