[VCCW] VCCW でメール送信テスト環境を有効化する方法

毎回調べているのでまとめておきます。

手順

と言っても、こちらの公式にあるとおり。

% vagrant up
% vagrant ssh

VCCW 上で、以下を実行し、しばし待ちます。

$ curl -L https://raw.githubusercontent.com/vccw-team/activate-mailcatcher/master/setup.sh | bash
    :
+ echo '<?php
/*
Plugin Name: MailCatcher
Author: VCCW Team
Description: Re-routes all WordPress emails to MailCatcher.
*/
require_once dirname( __FILE__ ) . '\''/vendor/autoload.php'\'';'
++ ohai
++ jq -r '.network.interfaces.eth1.routes[0].src'
bash: line 33: ohai: command not found
+ mailcatcher --http-ip=
Starting MailCatcher
==> smtp://127.0.0.1:1025
==> http://:1080
*** MailCatcher runs as a daemon by default. Go to the web interface to quit.
+ exit 0

手元の環境ではメッセージが乱れましたが、有効化されました。
後は設定したドメイン(以下では example.local)やローカル IP にポート :1080 を指定してブラウザで開きます。

http://example.local:1080/

Error: composer.json already exists.

下記のエラーが出た場合は、該当ファイルを削除して再実行します。

+ echo 'ERROR: /var/www/html/wp-content/mu-plugins/composer.json already exists.'

使用例

VCCW + MailCatcher の使用例については、作者様のサイトが詳しいです。

なお、

v3からデフォルトで起動するようになっています

VCCW v3での変更点と新機能まとめ – Qiita

とのことで、VCCW のバージョンを調べようと思ったのですが、よくよく考えたらバージョン情報がどこにあるのか分かりませんでした。
本稿の環境は、おそらく v3 以前と思われます。

追記

Mailcatcher がオートスタートしていない件の調査。

VCCW のバージョン確認方法

Vagarantfilevccw_version の値を確認する。

vccw_version = '3.13.0';

当該プロジェクトは VCCW v3 だが、vagrant up 時にはオートスタートしていない所までは確認。