[WP Theme Dev] Iemoto で WordPress theme の作成時に手を加えるパスとテンプレートファイルの情報

memo.

Iemoto に設定されている Sass のコンパイルタスクを利用するにはいくつか検討すべき点が残りましたが、今回は「 別途開発済みの HTML, CSS, JS をテーマに適用する 」フローのため、PHP テンプレートのみを取り出して開発を進めました。

以下、備忘録です。

File structure

Iemoto は _s 準拠のテンプレートファイルとなっています。
ディフォルトのファイル構成については、下記に _s の素晴らしい解説記事があります。

記事中で紹介されていたプラグインが便利です。

CSS & JavaScript path

functions.php に wp_enqueue_stylewp_enqueue_script で設定します。

functions.php
wp_enqueue_style(
    'foo',
    get_stylesheet_directory_uri() . '/css/foo.css',
    array(),
    $iemoto_theme_ver
);
functions.php
wp_enqueue_script(
    'bar',
    get_template_directory_uri() . '/js/bar.js',
    array('jquery'),
    $iemoto_theme_ver,
    true
);

なお common は予約語らしく利用できませんでした。
iemoto-style.cssiemoto-common.css のような命名をした方が良いようです。

Image path

bloginfo() ではなく、get_template_directory_uri などの利用が推奨のようです。

<img src="<?php echo get_template_directory_uri(); ?>/img/logo.png" alt="logo name">

Template tags

その他のテンプレートタグは、必要に応じて Codex を調べながら書き加えます。